印鑑の選び方


いくら印鑑が相手に喜ばれるとは言えども、選び方を間違ってしまっては、それこそ本末転倒です。価値のあるプレゼントだからこそ、正しい選び方を理解するようにしましょう。では、どのような視点で印鑑を選ぶのが良いでしょうか。

まずは、印鑑の用途について考えてみる必要があります。例えばですが、実印、銀行印、認印など、いろいろな使い方がありますが、どの用途で使うのかによって、選ぶべきプレゼントが変わってくるのです。せっかく印鑑をプレゼントしても、相手にとって活用しづらいのであれば、それは全く以て意味がありません。次に、贈る相手の立場についても、今一度考える必要があります。男性に贈りたいのであれば、シンプルなデザインの中に誠実さや堅実さを感じる印鑑が喜ばれるでしょう。それに対して、女性に贈るのであれば、華やかさや可愛らしさ、あるいは上品さが出ているタイプが喜ばれます。そして最後に想いを伝えることです。結婚祝いに印鑑を贈る以上、相手には幸せになって欲しいと願うのは、当然ながら言うまでもありません。その想いが強ければ強いほど、相手からも喜ばれること請け合いです。

このように、同じ印鑑でも、プレゼントをする上で大切なポイントを理解していているかどうかが、非常に大切になります。せっかくのプレゼントだからこそ、心を込めて印鑑を贈りたいものです。